【M570】トラックボールマウスのススメ【ロジクール】

商品紹介

私は気になった商品について、基本的にレビューを探して参考にしてから購入をしています。

実際のメーカーの紹介に比べて、ユーザーのレビューのほうが細かったり、ユーザー目線なため参考になることが多いからです。

ですので、私も自分の周りにあるオススメできる厳選商品を記事にしてみようと思います。

 

今回は私が7年以上使っているトラックボールマウスについて、紹介していこうと思います。

 

 

トラックボールマウスとは

パソコン内の矢印ポインタを動かすためのマウスですが、通常のものは本体自体を移動させると思います。

しかし、手首で動かしたりするので疲労が溜まりやすく、効率的ではありません。

トラックボールマウスは、ポインタの移動をトラックボールを指で転がすだけで行えるので、疲れにくく、また平らな広いスペースも必要ありません。

書類の散乱しているところでも、絨毯の上でも、膝の上でもどこでも使用できます。

 

ロジクールM570について

Amazonにて検索すると

  • M570
  • M570t
  • SW-M570

とほぼ同じような商品が出てきますが、実質全て同じものです。

発売時期によって、内部の取扱パーツを変えたりしている程度なので同じと考えていいと思います。

ちなみに、年代順にM570、M570t、SW-M570となっており、私は今回SW-M570を購入しました。

内容物

  • マウス本体(M570)
  • 受信機(USBの1.5cm程度のもの)
  • 単3電池1本(テスト品)
  • 保証書
  • 説明書等

初めから電池が入っていてすぐに使えるのはありがたいです。古すぎないPCであれば、受信機を刺せば、自動的に認識してまもなく使えるようになります。

また、保証書はしっかりと保管しておきましょう。

 

気に入っている部分

このマウスをおすすめできる理由をまとめていきます。

値段が安い

トラックボールマウスは様々な価格帯のものがありますが、この製品は比較的安めの値段(2018/11現在)となっているため、入門用としてもおすすめできます。

 

コードレス

やはり有線ですと移動範囲が限られたり煩わしさがあります。一番のメリットと感じる瞬間は、冬にこたつの中に手を入れたまま操作できるところです(笑)

 

手にフィットする大きさ

大きすぎず、小さすぎず、長時間使用していても疲れません。

そのへんも考慮された曲線になっているのかもしれません。

 

電池の持ち

単3電池1本で最長18ヶ月間とうたわれていますが、本当にほとんど電池交換もせずに使用できます。

 

受信機をマウスに収納できる

持ち運びしたり、一時的に閉まっておくという場合にも受信機をマウス本体に収納できます。そのため、受信機をなくして使い物にならないといった問題も起きにくいです。

めったに収納はしませんが、細かい部分での配慮で非常に高感度が持てますし、実際便利です。

 

少し残念な部分

長期使用でクリックがおかしくなることがある

ハードウェア的な問題です。他のレビュー等でも書かれていますが、タイミングはまちまちですが、私の場合は3年程度でクリックがダブルクリックになったり、不安定になったので買い替えたりしました。

接点復活スプレーで治る場合もあるみたいです。保証期間内だと、交換対応等してくれることもあるみたいです。

 

FPS等のシビアなゲームには向かない

無線というのもありますし、コンマ何秒の世界の人にはおすすめできません。

日常的な使用でしたら、遅延等全く感じずに快適に使用できます。

 

左利き用がない

このシリーズは左利き用がありません。

 

まとめ

トラックボールマウス入門用にもおすすめできますし、長年愛用しています。

今まで、トラックボールを使ったことがない人は世界が変わると思いますよ。

もう絶対に通常のマウスに戻りたくないですね(笑)

 

適したユーザー
M570 ・長時間使用することが多い人
・ライトユーザーで手頃なトラックボールを使ってみたい人
・ゲーマー以外の人全般
一般的なマウス ・FPS等の素早い、激しい動作をする人
・マクロ等を割り当てるため、サブボタンを多く必要とする人
・ほぼPCを使うことがなく、始めに付属してくるマウスでいい人

 

 

それではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました