amazonで1000円もらえるキャンペーン>>

【ロジクール K270(K275) レビュー】高コスパなフルサイズワイヤレスキーボード【Unifying対応】

ガジェット
この記事は約4分で読めます。
まにまに
まにまに

デスクトップパソコンのキーボードは絶対にワイヤレス派です。

パソコンは基本的にデスクで使いますが、複数人で動画を見たりする際はソファで使ったりもします。

また、デスクの整理時にもコードがあると非常に不便なため、ワイヤレスキーボードがおすすめ。

今回はフルサイズワイヤレスキーボードでコスパの高いロジクールの「K270を購入したので、レビューしようと思います。(K275は色違いで中身は同じ)

2,000円以下の低価格(2020/4購入時)で、テンキーまであるフルサイズワイヤレスキーボード、8つのホットキーまで搭載されており、申し分ありません。

※amazonではK270単体の販売は終了し、色違いでほぼ同様のK275のみを販売

スポンサーリンク

ロジクール K270の外観やスペック

外観

ロジクールの「K270」は、高コスパのフルサイズワイヤレスキーボードです。

テンキー付きのフルサイズで、その他に8つのホットキーもついています。

個人的には、音量ボタン、スリープ、電卓はよく使うので便利です。

また、ロジクールの「K275」は、K270の色違いでスペック等は同じですので、値段変動や好みで選びましょう。

背面には、電池収納、USBレシーバー収納、スタンドがあります。

持ち運びや収納時にレシーバーが無くなりがちなので、収納場所があるのは非常に便利。

サイズ

テンキーまであるフルサイズなので、横幅は44cmあります。

デスクが狭かったり、コンパクトさを重視したかったりするなら、テンキーレスを選んだ方が良いかもしれません。

ロジクール K270のワイヤレス性能

ロジクール規格Unifyingで最大6台

ロジクールのワイヤレス製品は独自の「UnifyingUSB」を採用しています。

これは一つのUSBレシーバーでキーボードやマウスなどを最大6台接続できるので、USBがスッキリします。

私のマウスはこちらの記事『【SW-M570】トラックボールマウスのススメ【ロジクール】』で紹介したロジクールの「SW-M570」なので、一つのUSBで2台とも接続中。

電池寿命24ヶ月

電池長寿命でおなじみのロジクールですが、「K270」も単4電池2本で約24ヶ月使用できる性能です。

▲テスト電池も入っていて、開封後すぐに使えるのも便利

自動スタンバイ機能もついているので、毎回のオンオフスイッチの操作は不要です。

その他のアクセサリ

キーボードは非常に汚れやすいものなので、基本的にキーボードカバーを使用するようにしています。

ワイヤレスでコードがない分、キーボードカバーとの相性は抜群。

ホコリはもちろん、飲み物をこぼしてしまっても大丈夫なので、コーヒーを横にブログを書くのも安心です。

3枚で1,200円(2020/5現在)と安価なので、数ヶ月ごとに交換しようと思います。

わずかにキーが見にくくなりますが、基本的にブラインドタッチな人には特に問題ありません。

ロジクール K270レビューのまとめ

高コスパなワイヤレスキーボード、ロジクールの「K270」(K275)についてレビューしました。

ロジクール K270のまとめ
  • 2,000円未満でフルサイズワイヤレスの高コスパ
  • Unifying対応で一つのレシーバーでOK
  • 8つのホットキーが便利
  • 背面にレシーバー収納場所
  • K275は色が違うだけ
Amazonギフト券でお得にお買い物

Amazonを利用するなら、Amazonギフト券の購入がお得です。

通常会員は最大2.0%、プライム会員最大2.5%のポイントがもらえます!

\Amazonでお得にお買い物/

コメント

タイトルとURLをコピーしました