【10年で一度も割れ無し】スマホ画面を割らない方法

割れているスマホ画面iPhone・iPad
この記事は約10分で読めます。

iPhone12シリーズについては、「【画面割れ撲滅】iPhone12シリーズを割らないために【iFaceシリーズ】」にまとめました。

世の中には2種類の人間がいます

「スマホ画面を割る人間と、割らない人間です」

りんご
りんご

ガラスで大画面だから落として割れちゃうのも仕方ないわよね…

まにまに
まにまに

仕方ないというのは勘違い!
割らない方法を知らないだけだよ!

りんご
りんご

え?そんなのあるの!?

筆者は10年間で一度もスマホ画面を割ったことがありません。

もちろん”何回も落としているのに”です。

スマホケースや画面フィルムって、何となく選んでいる人が多いと思いますが、”ケースや画面フィルムを選ぶポイント”を知っておくだけで、画面割れのリスクが一気に下がるのです。

この記事では、スマホ画面を割らない方法について、10年間一度も割っていない私の知識を全てお伝えします。

危ないケースについても紹介するので、平気だと思っていたタイプのケースが実は割れやすかったり…!

忙しいので機種別まとめだけ見たい人→記事下までスキップ

この記事はこんな人におすすめ
  • スマホ画面を割ったことがある
  • 落として割れちゃうのは仕方ないと思っていた
  • 割りたくないけど、何を選んだら良いかわからない
スポンサーリンク

画面割れリスクについて

画面割れがどれだけのリスクなのか、金額で見てみましょう。

4モデル(iPhone)AppleCare+(加入料金)保証対象外
123,700 円(18,480 円)33,440 円
12 Pro / 11 Pro3,700 円(25,080 円)33,440 円
12 Pro Max / 11 Pro Max3,700 円(25,080 円)39,380 円
12 mini3,700 円(18,480 円)27,280 円
8 / 73,700 円(16,280 円)18,040 円
SE(第1 / 2世代)3,700 円(9,680 円)15,950 円
(出典:Apple公式ホームページより/2021年4月現在)

iPhoneの画面が割れた場合、機種によりますが修理費は2~3万円程度です。

AppleCare+に加入する費用も2万円前後かかる(機種による)ので、どちらにせよ割れるリスクは金額にすると3万円前後ということになります。

なお、AppleCare+に加入する必要がない理由は「iPhoneにはAppleCare+が不要な理由【スマホ】」で説明しました。

すぐに直すのなら問題ないのですが、安い金額ではないので、使用可能な範囲ならそのまま放置している人も多いように見受けられます。

また、金額に問題が無い人でも修理に時間がかかるため、画面が割れないことが望ましいはずです。

スマホの画面割れは3万円前後の費用と時間がかかる

画面を割りやすいケースタイプ

100均などの安すぎるケース

一般的なケースは100円均一のものから4000円程度のものまで幅広くあります。

プラスチック製のもの薄くてペラペラのシリコン製のものは、机においたときの擦り傷が防げる程度で、ケースを付けていないのと変わりません。

手帳タイプのケース【要注意!】

りんご
りんご

手帳タイプって画面部分が守られてるし、割れにくいんじゃないの?

まにまに
まにまに

実はむしろ割れやすいタイプなんだよ!

画面が割れている人の多くは、手帳タイプを使っている印象…。

ケースは本体への衝撃を防ぐことが最重要!

手帳タイプが割れやすい理由
  • 落としたときに、スマホは四隅の角から地面に落ちる
  • 手帳タイプの四隅の角は、スマホを守るためではなく固定するための薄いプラスチック
  • 手帳タイプはグリップ力が弱く、そもそも落としやすい

画面部分はガラスフィルムで保護できます。

手帳型のスマホケースは画面割れリスク大

スマホ画面を割らない方法

スマホ画面を割らないためには、3箇所の保護が必要!

  • 本体を保護:ケース
  • 画面を保護:ガラス保護フィルム
  • カメラレンズを保護:カメラ保護ガラス

ケース:iFace(アイフェイス)シリーズ

iPhoneを使っていれば、間違いなくiFace(アイフェイス)シリーズをおすすめします。

iFace(アイフェイス)シリーズには現行機種では2種類があり、形状や性能の違いがあります。

ファーストクラスリフレクション
非透明透明
樹脂製で割れないガラス製で割れる
豊富なデザインスタイリッシュ

透明なiFace(アイフェイス)は割れる!?リフレクションは買うな

2種類あるiFace(アイフェイス)ですが、背面が透明なガラス製のリフレクション割れます

リフレクションの方は買ってはいけません

りんご
りんご

透明で可愛いし、これにしようかな!

まにまに
まにまに

ちょっと待ったああああ!!!!
スマホを割りたくなかったんじゃないの?

りんご
りんご

そうだけど、新作って言うし…
ダメなの?

まにまに
まにまに

ガラスを割りたくないのに、ケースがガラスなんだぞ(笑)
あとはわかるな…

実際に、こちらの透明なアイフェイスは割れたとの報告が多数あります。

  • アイフェイスでも、透明なリフレクションには耐久性がない
  • ガラスなので普通に割れる

リフレクションは、これまでのiFaceの性能はなく、ガラス製でデザイン重視の商品です。

画面割れの観点から考えると絶対にオススメしません

iFace(アイフェイス)はファーストクラスを選ぼう!

iFace(アイフェイス)で選ぶべきケースは、ファーストクラスです。

耐久性に優れており、何十回も落としましたが、一度も割れたことがありません

ファーストクラスはコラボやバリエーションが豊富なのも嬉しいポイント。

私はiPhone 12 miniでファーストクラスを使用しています。(2020年12月現在)

iFaceはファーストクラスがおすすめ

iFace First Classファーストクラス(ケース)はこちら
  • iFaceを選ぶならファーストクラス
  • リフレクションはガラス仕様で割れやすいためNG
  • メルカリ等で見かけるiFace mallはiFaceとは無関係の商品なので注意

画面保護:強化ガラス

ケースに加えて、大事なのが強化ガラス。

画面に貼るものは、強化ガラス保護フィルムのどちらかで、似ていますが目的が異なります。

ブルーライトやタッチ感度を極度に気にする方は保護フィルムが良いかもしれませんが、そうでなければ強化ガラスが絶対オススメ

 強化ガラス保護フィルム
目的ガラス保護指紋・反射保護
強度
触り心地
おおよその価格
(2020/12現在)
1000円前後500円前後

一昔前や、店頭の価格を見ると強化ガラスは高いイメージがありますが、Amazon等のネットショップではどちらも大きな差はありません。

全面保護タイプでなおかつ、誰でもピッタリと貼れるように【貼り付けガイド枠】がついているため、こちらの商品がおすすめです。

強化ガラス【全面】(画面保護)はこちら

カメラ保護:カメラレンズ保護ガラス

iPhone 12 / 11シリーズのカメラは、レンズが増えて大きくなったため、落下による破損が増えています。

iPhone 12 / 11シリーズの場合は、カメラレンズの保護ガラスを利用するのがおすすめ。

カメラレンズ保護ガラスはこちら
スポンサーリンク

スマホ画面を割らない方法まとめ

10年以上スマホを落としまくっても、一度も画面割れしたことがない方法についてまとめました。

スマホ画面を割らないためのまとめ
りんご
りんご

スマホは大事に使いましょうね。

まにまに
まにまに

分割で払っていると気づきにくいですが、最新機種は10万円以上しますよ!大切に!

機種別リンク

画面割れを防いでくれるケースと強化ガラスの機種別リンクです。

iFace First Classファーストクラス(ケース)はこちら
強化ガラス【全面】(画面保護)はこちら
カメラレンズ保護ガラスはこちら
Amazonギフト券でお得にお買い物

Amazonを利用するなら、Amazonギフト券の購入がお得です。

通常会員は最大2.0%、プライム会員最大2.5%のポイントがもらえます!

\Amazonでお得にお買い物/

コメント

タイトルとURLをコピーしました