スマホケースを防御力よりも見た目で選んでいる人は今すぐ考えを見直すべき理由を徹底的に説明【画面割れ撲滅】

考え方

友人などを含め、スマホの画面が割れている人の多くが、風呂上がりのバスローブ程度の防御力しか持っていなそうな貧弱なスマホケースを身につけています。

なぜそんな薄っぺらなもので、数万円ものスマホをひょうひょうとイジっていられるのか不思議でなりません!

でも、そんな貧弱なケースを身につけている人も本当はスマホ画面を割りたくないと思っているはずです。それに見た目が可愛いからとデザインで選んでしまう気持ちも分かります。

この記事を読めば、スマホケースは絶対に見た目よりも防御力を重視した方が良いと考えを改めるので、画面が割れるリスクを下げることができます。

まにまに
まにまに

3GSからiPhoneを使っていて、何度も落としていますがケースが最適なので一度も画面を割ったことがありません!

スポンサーリンク

画面割れリスクについて

画面が割れることがどれだけのリスクなのか、まず金額で見てみましょう。

モデル(iPhone) AppleCare+ 保証対象外
XS Max 3,400 円 37,400 円
XS 3,400 円 31,800 円
XR 3,400 円 22,400 円
X 3,400 円 31,800 円
8 Plus、7 Plus 3,400 円 19,400 円
8、7 3,400 円 16,800 円

 (出典:Apple公式ホームページより/2019年3月現在)

iPhoneの画面が割れた場合、機種によりますが、修理費は2、3万円程度します。AppleCareに加入する費用も2、3万円かかる(機種による)ので、どちらにせよ割れるリスクは金額にすると3万円前後ということになります。

すぐに直すのなら問題ないのですが、安い金額ではないので、使用可能な範囲ならそのまま放置している人も多いように見受けられます。また、金額に問題が無い人でも修理に時間がかかるため、画面が割れないことが望ましいはずです。

スマホの画面割れは3万円前後の費用と時間がかかる

 

防御力の高いスマホケースを使っていない人を説得

見た目を重視している人

まず、事実を順番に書き記していきます。

  • 他人のスマホケースなんて飲み会のときたまに見る程度で基本見ない
  • 結局割れていたら、ケースがお洒落でもトータルでマイナス
  • 3万円のリスクを背負ったお洒落が、ただのスマホケース

ほとんど見られていないものに3万円ものリスクをかけてお洒落しているということです。それなのに、ひび割れたまま使用していたらお洒落以前の問題です。

どうせお洒落するならば、服や靴、アクセサリーなどに3万円かけたほうが確実に相手の印象がいいです。

 

値段を重視(安いものを購入)している人

一般的なケースは100円均一のものから4000円程度のものまで幅広くあります。

問答無用に何でも高いものが良いとは思いませんが、目の前の値段だけしか考えていないと、安く済ませているつもりが、むしろ損をしていることに気づけません。

防御力の低い、安いケースを使っている場合、スマホを胸の高さから落としたら50%以上で画面が割れます。完全に個人的な感覚ですが、低く見積もってもそれくらいは割れると思います。実際は8割近く割れると思いますが、低めに見積もります(笑)

一方、私の使っている防御力高めのケースの場合、10回落としても1回割れるかどうかでしょう。これも感覚ですが、9年間くらいの実体験に基づいています。(実際10回以上落として一度も割れていませんが、10%で割れるとします。)

仮にスマホを落とした場合、弱いケースは50%で割れるので15000円のリスク(3万円×50%)、防御力高いケースは10%で割れるので3000円のリスク(3万円×10%)なわけです。

つまり、安いケースでいいと2、3000円をケチることで、一時的に得したような錯覚をしているかもしれませんが、実際は12000円の損をしている状態なのです。

 

手帳タイプを使っている人

割れている人の多くが、手帳タイプのケースを使っている印象があります。(私の周り)

手帳タイプは画面部分をカバーしているので、一見防御力が高そうに見えますが、実際は非常に画面が割れやすいタイプなのです。

スマホを落とした場合、四隅の角から接地するため、画面部分がカバーされているかどうかは防御力に関係しません。さらに手帳タイプはグリップ力も弱く不安定なため、より一層落としやすい作りになっています。

 

ケースカバー付けていない人

ワイルドで好きです。

 

スポンサーリンク

選ぶべき防御力の高いケースなど

iFaceシリーズ

iPhoneを使っていれば、間違いなくiFaceシリーズをおすすめします。iFaceは名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、一つの名前ではなくシリーズの名前です。

iFaceシリーズには種類があり、形状や微妙な性能の違いがあります。

(出典:iFace公式ページより)

ホームページには5種類ありますが、iFaceと言ったらほとんどは最もスタンダードなFirst Classです。Sensationはスタイルをスッキリさせたタイプで、私はiPhone 8でこのiFace Sensationを使用しています。(2019年3月現在)

一番右のReflectionは新作ですが、材質が異なるためオススメしません。残りの2つは過去の種類なので現行機種(XS等)にはありません。

つまり、First ClassかSensationのどちらかを選べば問題ありません。両者の違いは、機種によっても異なるので注意が必要です。

 

iPhone 8/7用 First Class Sensation
サイズ感 やや大きい やや小さい
ストラップホール 有り 無し
ワイヤレス充電 非対応 対応
公式通販 公式通販

iPhone 8/7ではサイズ以外に性能も変わるため、注意が必要です。

 

iPhone XS用 First Class Sensation
サイズ感 やや大きい やや小さい
ストラップホール 有り 有り
ワイヤレス充電 対応 対応
公式通販 公式通販

XSではサイズ以外の性能は同じため、好みで選べばいいです。

 

【公式】>>GALAXYなどその他の機種のiFaceをチェックする

 

・iFaceを選ぶならFirst ClassSensationのどちらか。
・iFaceは偽物や類似品も出回っているため、注意が必要。
・メルカリ等で見かけるiFace mallはiFaceとは無関係の商品なので注意。

 

強化ガラス

ケースに加えて、強化ガラスを利用することでより一層、落下による画面割れを防ぐことができます。

強化ガラス保護フィルムは似ていますが目的が異なります。ブルーライトやタッチ感度を極度に気にする方は保護フィルムが良いかもしれませんが、そうでなければ強化ガラスを装着することを推奨します。

強化ガラス 保護フィルム
目的 ガラス保護 指紋・反射保護
強度
触り心地
おおよその価格
(2019/3現在)
1000円前後 500円前後

店頭で価格を見ると強化ガラスは高いイメージがありますが、Amazon等のネットショップではどちらも大きな差はありません。もちろん商品によりますが。(2019/3現在)

 

iFaceに最適なiFace用の強化ガラスを見る

 

まとめ

  • スマホ画面が割れると約3万円の修理費がかかる
  • 見た目が大事な人はケースでなく、3万円でアクセサリーを買うべき
  • 安いケースは実際安くない
  • 手帳タイプは全然防御力低い
  • iFaceはFirst ClassSensationを選ぼう
  • 強化ガラスを使おう

これで割れたら運が悪いか、相当な衝撃だったはずです。もし弱いケースだった場合、画面だけで済まずに本体が壊れていたかもしれませんね…

りんごちゃん
りんごちゃん

スマホは大事に使いましょうね。

まにまに
まにまに

分割で払っていると気づきにくいですが、最新機種は10万円以上しますよ!大切に!

 

【公式】>>iFaceの公式通販

 

まにまに
まにまに

読んでいただきありがとうございました。

Twitterでも発信しているのでフォローお願いします。

@manimani_blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました