一人暮らしのコタツ使用者に重宝【ダイヤルタイマーWH3101BP】

節約
スポンサーリンク
まにまに
まにまに

どうも、まにまに(@manimani_blog)です。

寒い冬をどうお過ごしでしょうか?

私はコタツを愛用していますが、たまに消し忘れることがあり、気づいたときに悲しい気持ちになっていました…

気持ちで済めばまだいいですが、冬は乾燥するため、コタツの消し忘れは火事に繋がる恐れもあり危険です。

今回はそんな消し忘れを解消できる、非常に便利な商品を1ヶ月使用したのでレビューしたいと思います。

ダイヤルタイマーとは

ダイヤルタイマーというのは、時間が来ると電源を消したり、付けたりできるタイマーで、主にタイマーのない電化製品に使用します。
なので、これをコタツで使用すると2時間後に自動に電源を切る、などと自由に管理できます。

ダイヤルタイマーで、タイマーのない電化製品でも
・自動に〇〇時間後に電源オン
・自動に〇〇時間後に電源オフ
などができるようになる

 

WH3101BPを選んだ理由

私が買った商品はPanasonicのダイヤルタイマーWH3101BPです。

ダイヤルタイマーは今回買ったWH3101BPのようにアナログのものの他に、デジタルのものがあります。

デジタルのものは内部に時計を設定し、1分単位など細かく管理できるのがメリットです。しかし、今回はコタツでの使用が目的なので、細かな時間設定より、簡単に使えることが大事でした。

アナログのものは、メモリを回すだけなので直感的に操作ができ、煩わしさがありません。

アナログ デジタル
時間 おおよそ 分単位で細かく
設定 不要 必要
使い勝手 回すだけで楽 ボタンや設定での管理

 

WH3101BPは最大11時間まで設定できるタイプなので、
長時間の設定も可能であること
・通常使用(2、3時間)するときのダイヤル量が少ないこと
がメリットです。最大3時間までのタイプもありますが、いつも1回転回さないとなので面倒です(笑)

 

使い方

私の場合は通常の使用時に2、3時間のダイヤルを回して、それ以上使っていて切れた場合はまた回して付けています。

2、3時間回して、それより早めに外出するときは、反対に回して消してから出かけます。仮に消し忘れてもタイマーを使用しているため、短時間で消えるので安心です。

▼コタツ自身のスイッチは常時『オン』ですが、タイマーがゼロのときは通電されません

▼コタツ使用時に3時間程度ダイヤルを回して電源を入れます

 

1ヶ月使ってみた感想

めちゃめちゃ便利です。

冬の間は毎日コタツを使いますが、このタイマーがあるだけでコタツを消し忘れることがゼロになったので、精神的な安心感があります。

アナログのタイマーにしたことで、使い勝手も非常に楽で、スイッチを入れる煩わしさは全くありません。

 

ワンポイント!

コンセント部分にダイヤルがついていて大きいため、周りとの干渉が大きいです。また、ダイヤル部分が横になったり、裏返ったりして接触しているとダイヤルが上手く回らずに、電源が切れないことがあるそうです。

干渉したり、上手く設置できない環境では、1mのコード付きタイプ(WH3111WP)もあるのでそちらがオススメです。

▼1mのコード付きタイプはこちら▼

 

まとめ

外見からはオンオフ分かりにくいコタツの消し忘れには、ダイヤルタイマーが非常に便利です。

アナログタイプのものは操作が直感的なため、簡単なのが気に入っています。

電気ストーブなどもそうですが、暖房器具は消し忘れが火事などの原因にもなりかねないので、タイマーを使うことで精神的な安心にもなります。

消すのを忘れがちな人はダイヤルタイマーを導入してみてはいかがでしょうか。

▼1mのコード付きタイプはこちら▼

 

まにまに
まにまに

読んでいただきありがとうございました。

Twitterでも発信しているのでフォローお願いします。

@manimani_blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました