新型クロックスの履き心地が最高すぎたので伝えたい【ライトライド クロッグ】

商品紹介
まにまに
まにまに

どうも、まにまに(@manimani_blog)です。

「クロックスを履いていますか?」

私は少なく見積もっても、年間350日以上はクロックスを履いています(笑)

(参照:クロックス公式サイト

左側のクロックスはよく見かけると思いますが、右側もクロックスの一つです。

右側は2018年に発売されたライトライド クロッグというもので、こちらを使い始めたら、「もう以前のクロックバンドには絶対戻れない」と思うほど最高だったので紹介しようと思います。(ちなみに左側はクロックバンド クロッグといいます)

この記事はこんな人におすすめ
  • クロックス(クロックバンド)を愛用している人
  • サンダルは好きだけど、「クロックスはちょっと…」と思っている人
  • 履きやすいサンダルを探している人
スポンサーリンク

クロックスについて

「クロックスって、格安の偽物と対して変わらないっしょ?」

そう思っている時期が私にもありましたが、やはり本家は材質にこだわりがあり、パフォーマンスも優れています。

特に今回紹介するライトライドクロッグは『材質がすべて』と言っても過言ではないので、履き比べてほしいです。

ライトライドクロッグのメリット

ライトライド クロッグ(カラー: Navy / White)

弾力性があり、履き心地が最高

特筆すべき特徴は、弾力性が高く、足に吸い付くような履き心地であること。

裸足で履くとよりわかりやすく、足裏の形にフィットしてくる感覚です。

今までのクロックバンドとは全くかけ離れたもので、初めて履いたときは感動を覚えました。

デザイン性が向上

デザインに関しては、その人の感覚によりますが、個人的には以前のクロックバンドよりも好みです。

穴が細かくなり、サンダルより靴のデザインに近くなった印象を受けました。

遠目で見ればスリッポンのようにも見え、個人的には服装に合わせやすくなったと思います。

ライトライドクロッグのデメリット

通気性が悪く、少し蒸れやすい

クロックバンドと比べると、通気性が悪くなっています。

これは足裏にフィットする素材により、足裏とライトライドの間に隙間が生じにくくなったためです。

穴の大きさも多少影響はするかもしれませんが、素材の特性による部分が大きいです。

裸足で履いたり、蒸れやすいタイプの人は注意です。(そのような人は靴下を推奨します)

サイズが1cm単位しか用意されていない

ライトライドに限った話ではありませんが、クロックスのサイズには0.5cm単位がありません。

サイズ感はクロックバンドと同じ感じでした。(私は同サイズを購入)

クロックバンドよりも値段が少し高い

サイズ等により変わりますが、クロックバンドに比べて、おおよそ1000~2000円程度高い価格設定です。(2019/8現在)

しかし、逆に値段以上の性能差は感じられるので満足しています。

スポンサーリンク

まとめ

ライトライドクロッグの良い点
  • 弾力性があり、履き心地が最高
  • デザイン性が向上
ライトライドクロッグの悪い点
  • 通気性が悪く、少し蒸れやすい
  • サイズが1cm単位しか用意されていない
  • クロックバンドよりも値段が少し高い

サンダルのくせに歩きやすく、疲れにくいです。

特に夏は暑くてサンダルが好ましいですが、正直、大体のサンダルは履いていると足が痛くなっちゃいますよね。

今年はライトライドクロッグを履いて、快適に過ごしましょう!

ライトライドクロッグを知ってしまったら、もうクロックバンドには戻れません。

まにまに
まにまに

読んでいただきありがとうございました。

Twitterでも発信しているのでフォローお願いします。

@manimani_blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました