amazonで1000円もらえるキャンペーン>>
スポンサーリンク

SSL化しているのに「保護されていない通信」になる対処法

ブログ
この記事は約2分で読めます。

「https://~」から始まるSSL化されたURLなのに「保護されていない通信」になっていることがあります。

▲httpsなのに「保護されていない通信」

この場合の原因確認方法と、対処法の一例を紹介します。

SSL化しているのに「保護されていない通信」になる原因確認

該当ページをChromeで開き、F12を押すとデベロッパーツールが開きます。

Consoleタブで原因を確認。

Mixed Content」がある場合は、表示されたURLがSSL化されていないということです。

Mixed Contentの原因修正(例:no-amp-logo.png)

例えば、Cocoon利用でMixed Contentに

http://◯◯.com/wp-content/themes/cocoon-master/images/no-amp-logo.png

とある場合は、該当画像のSSL化がされていないことが原因です。

【Cocoon設定】>【AMP】>【AMPロゴ】

のURLをhttpからhttpsに修正します。

修正したら、【変更をまとめて保存】すれば、これでMixed Contentによる原因を解決できました。

SSL化しているのに「保護されていない通信」になる対処法まとめ

SSL化しているのに「保護されていない通信」になる対処法
  • ブラウザでF12を押して、Consoleから原因を確認
  • Mixed Contentは、SSL化されていないURLが含まれているということ
  • 該当のURLをhttpsに修正

コメント

タイトルとURLをコピーしました