【映画感想】未来のミライ【微ネタバレ】

アニメ
『未来のミライ』
監督:細田守
公開日:2018年7月20日
公式サイト:リンク

「時をかける少女」、「サマーウォーズ」、「バケモノの子」などの長編アニメーション映画を手がけてきた細田守監督作品です。

 

 

結論

結果から申しますと、楽しく見ることができ、素晴らしいアニメーション映画だったと私は感じました。

しかし、この映画をどのように捉えるかで楽しめるかどうかが変わってくるので、見るにあたっての見どころなどを抑えていければと思います。

 

 

 

何を期待するかによって評価が大きく分かれる作品

小さな庭から時をこえる旅へ―
それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
(出典:スタジオ地図

『未来からやってきた妹”ミライちゃん”』というイントロダクションやタイトルからも分かるように、時空を超える系のストーリーです。

しかし、その印象を強く持ってしまうと、過去や未来を行き来して、大きなものに立ち向かう壮大なストーリーを期待してしまうかもしれません。

タイムトラベルなんて設定なんだから、おおーっと驚くようなこと感動して涙を流すようなことを期待したって何ら不思議はありませんし、当然のことだと思います。

 

しかし、この映画において

タイムトラベルはどうでもいいのです!(笑)

 

この映画でしか見られない素晴らしすぎるポイント

では、この映画で何を楽しめばいいのか?

それは・・・

主人公”くんちゃん”(4歳)の表現(仕草・言動)

です!(笑)

 

は?と思った方、待ってくださいw

・自分の子供を育てたことがある人
・親戚の子供を見たことがある人

特に自分の子供を育てた人には、本当に一度は見てほしい作品だと思っています。

 

子供によくありがちなワガママ理解しがたい行動細かい仕草など、非常にうまく表現されており、監督の追求やこだわりを感じました。

 

全体的に親目線で見ましたが、子供の成長や仕事と子育ての両立など考えさせられました。

 

子供を持つ親にはおすすめだが、子供には退屈かも?

非常に満足して見ることができましたが、連休だったため子供連れの方も多かったように思いました。

しかし、子供視点で考えると、

・バトルなどのワクワクする展開はない
・あっと驚く場面なども少ない
・一部、謎に怖い感じの描写もある

などから、親子で行くのはおすすめ出来ないと思いました。

 

親子で見るなら

細田守監督作品の「サマーウォーズ」、「バケモノの子」などは万人受けすると思うので、親子で見るのも非常におすすめです!

 

そのような過去作の感じを期待して見ると、今回の「未来のミライ」について期待はずれと感じてしまう人がいるのかもしれません。

 

まとめ

・小さい子供のいる(いた)親におすすめの作品
・ワクワクの展開の作品ではなく、子供の仕草を楽しむ
・子育てや子供の成長について考えさせられる

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました